ホーム>>アメリカビザについて

アメリカビザについて

学生ビザ

概要

学生ビザ

アメリカに留学をする場合は、学生ビザ(Fビザ、専門学校はMビザ)を取得しなければなりません。申請するにあたり、米国移民局の認可を受けた学校が発行する SEVIS I-20 form が必要です。(語学留学の場合、学生ビザを取得するには、週18時間以上のプログラムを受講しなければなりません。)

申請先

アメリカ合衆国
大使館 ビザ課
〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5
電話 03-5354-4033(Q2ダイヤル)
管轄地域:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、長野、新潟、静岡、山梨
大阪・神戸
アメリカ総領事館
  ビザ課
〒530-8543 大阪市北区西天満2-11-5
管轄地域: 富山、石川、福井、岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和 歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島(奄美群島を除く)
那覇
アメリカ総領事館
〒901-2101 沖縄県浦添市西原2564
管轄地域: 沖縄、奄美群島
(申請/受領時間:午前8:30〜午前11:30 土・日曜、日米の祝日を除く)
  • トップへ戻る

申請方法

2回目のワーキングホリデービザ申請について

大使館または総領事館にて、面接での申請となる。 面接は予約制で、大使館ホームページのビザ情報ページから予約を行う。 *那覇アメリカ総領事館は、予約の必要はない。

必要書類
パスポート 1年間、または滞在期間以上の期間が残っているもの、および過去10年間に発行された古いもの。
ビザ申請書
(DS-156 ,DS-157 ,DS-158)
大使館ホームページ http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-nivforms.htmlよりダウンロードする。
Useful Information for Preparing Visa Application Forms DS-156/DS-157/DS-158 (ビザ申請書 DS-156/DS-157/DS-158 を作成する際に役立つ情報):http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfvisa-formsfaq.pdf
入学許可書
(SEVIS I-20 form)
入学予定の教育機関から取得する。
残高証明書(英文) 銀行または郵便局で作成する。
留学費用を十分にカバーする金額が必要。
成績証明書(英文) 米国留学の経験がある方は、米国の学校からの、過去5年間またはそれ以下の成績証明書が必要です。米国に留学したことがない方は、日本あるいは米国以外の学校から最近3年間の成績証明書を入手し提出してください。
ビザ申請料 US$131-相当の日本円を指定の銀行口座へ振り込む。毎月、大使館が日本円の金額を設定。
*非移民ビザの申請者は、131ドル相当のビザ申請料金を日本円で支払わなければなりません。
裁判記録または
警察証明
逮捕暦などがある方は、警察証明のオリジナル、または刑務所記録等のコピー。
その他
(可能であれば提出)
留学終了後に帰国を証明するもの、身分を保証するものなど。(例)休学証明書、休職証明書、内定書、保護者の保証書、推薦状、エッセイなど。
エクスパック500
(EXPACK500)
返信用封筒として利用。宛先を記入しておく。郵便局や切手取扱いのあるコンビニエンスストアで購入できる。
写真 背景は白で、最近6ヶ月以内に撮影された写真1枚。頭部(頭上から顎の下まで)は25mm〜35mm で、顔を写真の中央に置き正面に向けて撮影しているものをDS-156の所定の場所に糊またはテープで貼付してください。ホチキスで止めないでください。
クリアーホルダー すべての書類をクリアーホルダーに入れて提出する。
I-901
SEVIS費確認書
SEVIS 費用の支払いシート。
学生ビザの場合I-901 SEVIS費と別途200ドルの支払いが必要になる。
DHSホームページ  http://fmjfee.com/index.jhtml
  • トップへ戻る

申請期間

面接後、通常1〜2週間で発行される。
ビザ申請に関する内容は、突然変更される場合があります。必ず、大使館または領事館で確認をしてください。 東京大使館、大阪・神戸総領事館、沖縄総領事館では、申請に関する内容が異なる場合があります。

トップへ戻る

DEOW留学センター