ホーム>>オーストラリアお金について

オーストラリアお金について

  • 都市概要
  • 生活全般
  • お金について

お金について

オーストラリアドル

オーストラリアドル

オーストラリア・ドルはかなり変動が激しい時期もありますが平均すると1ドル80円前後で推移しています。お金の用意の仕方としては、まずは使い勝手のよいクレジットカードはできればご用意下さい。通常の買い物でもほとんどの場所で使えますし、万が一のキャッシングにも便利です。

もちろん、現金も必要なので、盗難の面で安心なトラベラーズ・チェックや、シティバンク等の海外引き出しができる口座などを用意するとよいでしょう。キャッシュには $5、$10、$20、$50、$100が紙幣、5¢、10¢、20¢、50¢、$1、$2が硬貨です。 ドル硬貨は金色で$1が大きく、$2が小さい。セント硬貨は銀色で最低が5¢からですので、1¢単位がなく2捨3入、7捨8入となります。 $100、$50は使い勝手が悪いですので$20、$10が便利です。 銀行の窓口で引き出す時にどの紙幣がいいか聞かれる事があります。 あまり大きな金額でなければ$20と$10にしてもらうと便利でしょう。

銀行

銀行は、平日だいたい4時まで開いています。ATMは24時間使えるので、引き出し、預け入れはいつでも可能です。業務手数料は、インターネット・バンキングが安くなっています。口座引き落としが一般的でないため、電話代、電気代など、その都度支払うことになります。支払いは、インターネット、電話、郵便局に持って行って直接支払いなどができます。日本と違いオーストラリアの銀行には通帳が存在しません。そのかわり毎月"Statement"とよばれるその月の使用口座の使用明細が送られてきます。全国に支店のある主な銀行は、ANZ銀行、コモンウェルス銀行、ウェストパック銀行、ナショナル・オーストラリア銀行です。

  • トップへ戻る

銀行口座の開設

銀行口座の開設

銀行口座の開設にはパスポート、国際運転免許証、オーストラリアでの住所が確認できる書類などが必要になります。 口座の種類は大きくわけてSaving Account(セービングアカウント普通口座)、Cheque Account(チェックアカウント 当座預金)に分かれます。

通常は普通預金になりますのでSaving Accountになります。小切手を使われる場合はCheque Accountを開設する必要があります。カードとPIN ナンバー(暗証番号)は数日後に登録住所に別々に郵送にて送られてきます。

注)口座の種類によっては月々手数料がかかるものがあります。
預金、引き出しともにATM、Tallerとよばれる窓口でもキャッシュカードで可能です。窓口での引き出しについては、カードを持参し、"Withdraw(ウィズドロウ)Please"でOKです。 ATMの場合は日本と同じように暗証番号(PIN ナンバー)を入力するだけで操作できます。入金はTallerにいきカードとお金を持参し、"Deposit Please"といえばOKです。

オーストラリアの主要な銀行

クレジットカード

日本よりクレジットカードの利用度が高いため、クレジットカードは持っていたほうが便利です。オーストラリアでクレジットカードを作るのは、審査の面で難しいため、日本から作って持っていきましょう。引き落としは日本の銀行口座からになりますので、残高に注意してください。また、基本的にATMの上の記載があるところであれば使用可能です。 ただ、JCBカードはオーストラリアでは使用不可の所が多いです。 VISA、Master, American Express だとほとんどのお店で使用可能です。

トップへ戻る

DEOW留学センター